Recruiter's Voice

人材派遣会社㈱リンクスタッフィングが運営する「Recruiter's Voice」では、 派遣先企業担当者の生の声をお届けします‼派遣で働くのに必要なこととは?派遣先企業って派遣社員のことをどう思っているの?あなたの知りたい情報がここに・・・☆★アパレル・販売職でお仕事するなら、取り扱いブランド数No.1のリンスタへ♪

SHIPS人事部 浮船様インタビュー

f:id:fashionkyujin:20180808133909j:plain

1.入社のきっかけ


SHIPSで働くことにしたきっかけは?

学校を卒業して、洋服が好きなので洋服に囲まれた環境で仕事がしたい、ファッションに関係する仕事をしたいと思ったのがきっかけです。その時にたまたま出会った求人がSHIPSでした。新卒採用を本格的にスタートしたのはここ10年くらいなので、私はまずアルバイトで入社しました。そこから正社員登用を経て今年で入社16年目になります。正直なところ、当時SHIPSというブランドは知ってはいましたが、当時の私からすると少し大人っぽく店舗の雰囲気もきっちりしている印象もあったので、入社する前はこんな私がやっていけるのか、と心配でした。でも実際入社してみると取り越し苦労でしたね。スタッフは皆気さくですし、何よりも人と人との距離が近い環境なのでたくさんの人と関わりながら今でも仕事を続けています。

 

―そもそもファッションに関わりたいと思ったきっかけはなんですか?

きっかけはシンプルだと思っていて、「自分が好きなものってなんだろう」を考えたときに自分の趣味やライフスタイルがベースになっていると思います。
自分の好きなことを仕事にして、実益を兼ねるような仕事がしたい!という思いは漠然とありましたが、もっとシンプルなものでファッションが好きで、オシャレになりたいとか、ファッションの知識を増やしたいとか、そういった理由ですね。
こんな話をいつも社内スタッフと話したりしますが、誰もがオシャレになりたい!とか、格好良くなりたい!とか、当時は店舗に立っている販売員が憧れの存在だったので、自分もそういう風になりたいとか思ったのがきっかけだったりですね。
よく「好きなことを仕事にすると逆に嫌いになりませんか」という質問や、「好きなことを仕事にすることに抵抗がある」という話を聞きますが、好きだからこそそれが原動力になると思うし、私はこの15年間で何か辛いことや壁にぶつかることがあったからといって洋服やファッションのことを嫌いになったことは一度もないです。

 


2.SHIPSが求める人材とは?


―販売の採用の基準についてお聞かせください。

私が販売職の面接の際に意識していることは、会った瞬間にその方がうちのお店に立っているところがイメージできるかどうかですね。ちょっとした表情やしぐさを見て、この人が店舗に立ったらお客様にどんな接客をしてくれるのかな?というのを想像しています。初対面でも自然な笑顔や口調が出る方だととてもイメージしやすいですね。

 

―店長にも、採用の際にインスピレーションや表情などを見るように指導されているんですか?

特に面接マニュアルがあるわけでもないですし、本社からこういう面接をして欲しいとは伝えてはいないのですが、みんな同じような基準を持っていると思います。基本的に派遣社員の採用は店長に任せているので、店長自身がどんな人と一緒に働きたいか、どんな人を求めているのか、などで店舗毎のカラーが出てくると思っています。
全国に80店舗近くありますが、店舗ひとつひとつが個性のある洋服屋みたいな感じなので、そこで働くスタッフの雰囲気などで店舗の特徴は出ると思うんですね。ですので、一つとして同じ店舗はないと思います。でもそれで良いと思っていて、接客の仕方やお客様との距離感などもそこで働くスタッフが作り上げていく。そしてそれぞれの店舗に魅力を感じてお客様が足を運んで頂けるようになれば嬉しいですね。

f:id:fashionkyujin:20180807170631j:plain

3、派遣社員に対する考え方


―派遣だからとか、アルバイトだからとかいう差はないという感じですか?

あまりないですね。


―直接雇用に切り替わる前提をいただける企業さんが少ない中で、派遣社員に対して期待をかけていただいているという意味でいくと、派遣社員に対する考え方は昔から変わっていないんですか?

ちょっと変わってはきていますね。
最初に派遣社員の採用をはじめたときは、セールの期間中だけとか、採用が決まるまでの期間限定という存在でした。ですが、だんだんと世の中の状況が変化してきていて、お客様がお店に求めるものや店舗の環境も変わってきました。今では派遣社員の方に助けられてる店舗もたくさんありますので、派遣だからという垣根は時代と共に少なくなってきています。仕事の内容や育成の部分でも分け隔たるようなことはあまりしていないです。

 

―派遣から店長になった方はいますか?

SHIPSへの入口が派遣社員から~という方はたくさんいます。キャリアアップについても店長になることだけがステップではなく、SHIPSでは幅広いキャリアビジョンを持ってもらえるような体制を整えています。目指すべきポジションがマネジメントであれば店長を目指すこともありますが、人によっては商品に関わるようなバイヤーや企画を目指したり、接客技術や人材育成などに携わりたいのであれば育成担当を目指したりなど、店舗で働く中で自分のキャリアビジョンを見つけていくという感じです。

 

―ひとりひとりが社員になったときに、目指す方向性を会社とすり合わせて配置を決めていくというイメージですか?

そうですね。現場ではどちらかというとスタッフそれぞれがやってみたい!と思う業務を与えることが多いようです。まずはやってみて自分の適性や能力を自覚するということも大切だと思います。

 

―例えば、店舗から本社に来た方が、また店舗に戻られることもあるんですか?

場合によってはありますね。SHIPSのスタッフは創業メンバーや社長も含め、みんな店舗が大好きなんです。本社スタッフのほとんどが販売職を経験していますので、やはり自分達の根源となっている「接客」というものを経験できる現場をとても大切にしています。お客様とお話できる、お客様の声を直に感じられる店舗が私たちにとっては一番重要な場所だと思っています。

そんな会社ですので、自分の天職は接客販売だ!だと思う方や、年齢を重ねても販売を貫きたい!と思ってくれる方のほうが社風にあうのではないかと思います。
業界のイメージとして、販売職は本社職に異動するためのステップというイメージが先行していますが、私たちは販売職をそんな風には見ていません。人と接する接客という仕事で自分を成長させたいと思う方や、店舗にいながらいろんな仕事に触れてみたいという方に来てもらいたいと思っています。


―売り上げを作っていく上で、現場が会社を作っていくという流れがある中で、15年前から御社はそのような考え方を持っていたんですね。

先程もお話しましたが、昔は単なる憧れで洋服の販売員になりたい!という人が多かったのですが今は売り手市場でもありますし、たくさんの職業からじっくり自分に合った職業を選べるという環境ですよね。洋服の販売員は悲しいですが、何となく、給料が安い・休みがない・洋服を買わなきゃいけない・人間関係がギスギスしてそう…というイメージが先行してしまっていて。加えて若いうちなら洋服の販売員はできるけど、40~50代で洋服の販売職は無理なんじゃないかとか、そんな先入観もあると思います。
世の中にはたくさんのサービス業がありますが、衣食住と言われるように人と衣服は切っても切れない関係ですし、洋服の販売職ほどお客様と深く長く関わっていける仕事なのでは?と思っています。洋服を通してお客様の人生と共に一緒に成長していける素晴らしい職業だと思っています。

 

4、販売や接客業のやりがい


―先入観を持ってしまっている人たちに向けて、販売ってこうなんだよというメッセージをお願いします。

販売や接客業というのは、人と人とのつながりで成り立っているものだと思います。お客様との出会いや信頼関係からより魅力的なものになっていくとても奥が深い職業ではないでしょうか。今では新卒社員や20~30代のお客様のご両親がSHIPSに通っていたという話もよく耳にします。40年以上歴史があるSHIPSではお客様とのつながりがずっと続いていて今では親子三代で通って頂くお客様も。そんな話を聞くと本当にお客様の人生の流れと共に成長してきた会社だなと実感します。洋服を通してお客様のライフイベントに携わることができたり、お客様一人一人とパーソナルなお付き合いができるとても魅力的なやりがいのあるお仕事だと思います。

 

―パワ―のあるお言葉ですね。
販売職はただ単に洋服を売る仕事だとは思っていません。
もしも今日お客様が購入されなかったとしても、あなたと話した30分が楽しかったら
またそのお客様は足を運んでくれるかもしれません。商品というものはお客様とのつながりを作るツールのひとつだと思っていいと思います。お客様がどういう方なのか、なぜ今日ここに来たのか、などに興味を持つことができれば自然と接客につながるので、まずは商品知識を伝えるのではなく、お客様とお話することが大切なんです。
未経験や新人のスタッフには特にそういう話をしますね。販売職はコミュニケーション能力や商品知識も必要ですが、その前に「人に興味を持てる気持ち」が大切だと思っています。その気持ちがあれば自然と会話がつながっていき、それがそれぞれの接客スタイルになっていくのです。

もちろん人との会話が苦手だからこれからコミュニケーション力をつけたい!という人も大歓迎です。以前、医大生が面接に来たこともあります。その学生は自分にコミュニケーションが足りないと感じていて、将来医師になるなら患者さんとの信頼関係を築くためにも必要なのは会話力だと思っているので洋服の販売員になってまずはコミュニケーション力をつけたい!というのが応募理由でした。そんな方でもぜひ接客を経験して自分に自信を持って欲しいですね。

 

―まったくの未経験の方も育てていくという感じですか?
そうですね、店舗スタッフのほとんどは未経験からスタートしています。初めは緊張やとまどいもあるかもしれませんが、接客を重ねていく中で自然に成長していくという感じです。

お客様への接客はひとつとして同じ接客はありません。現場では日々たくさんのことが起きます。もちろん時にはお客様から厳しいお言葉も頂くこともありますが、失敗を恐れて何も行動しないよりも、行動して失敗したとしてもそこから学ぶことがあれば失敗はたくさんした方がいいと思っています。もちろん失敗してもフォローしてくれるスタッフや環境はあるので安心して下さい。怖がらずチャレンジしてみること、そして何よりも大切気持ちは壁にぶつかった時にそれをマイナスに受け止めるのではなく、ポジティブに受け止めて明日に繋げられること。それができれば販売という仕事から有意義な経験がたくさんできると思っています。

 f:id:fashionkyujin:20180726164148j:plain

russet SV坂田様 インタビュー

f:id:fashionkyujin:20180727184652j:plain

1.好きなことを仕事にしたくてパルに入社

株式会社パルに入社されたきっかけを教えてください。

株式会社パルに入社しようと思ったきっかけは、学生の頃にアルバイトでアパレルをやって、接客が楽しくて、ファッションも好きだったので、好きなことを仕事にしたくて入社しました。

入社して7年目になりますが、ずっとラシットのブランドに携わっています。新卒で入社後初めは店頭販売のスタッフをしていました。

 

ー販売員として苦労された点はどのようなところでしたか?

お客様との会話に苦労しました。
最初は地方都市の百貨店に配属されたのですが、百貨店ということもあり年齢層が高いお客様が多かったので、コミュニケーションの取り方で悩みました。
年齢を気にしないようにして、お客様の身に着けていらっしゃるものをほめるところから始め、そごうにいらっしゃった理由やラシットに立ち寄って下さった理由や、ラシットをそもそもご存じだったか、などをよくお伺いするようにしていました。

 

ー販売員から始まって、その後はどのようにステップアップしていくのですか?昇格する条件などあったら教えてください。

販売員⇒サブ店長⇒店長⇒スーパーバイザーというふうにステップアップしていきます。
私は1年くらいでサブ店長になりました。サブ店長は後輩に対しての教育が主な役割です。

その後店長になるには、継続して売り上げをとっているか、お店のマネジメントをできているかで評価されます。
私の場合は、売り上げを取る力や、お店の方針のもと、どのように後輩のスタッフや派遣の方に動いてもらえばいいのか、どのような言葉をかければモチベーションが上がるかなどの内容が評価されました。
正社員や派遣社員関係なく平等に部下を評価しているか、という人事の評価項目もあります。

その後は店長になってから3年半くらいでスーパーバイザーになりました。
私は今年の8月にスーパーバイザーになったばかりなので、現在7店舗を管轄しています。


2.お客様との会話を通して自分が成長できる

ー今までの経歴の中で、苦労した点はありますか?

平等に部下を見ているので、派遣社員の方やパート社員の方に「私は社員ではないので…」と言われてしまった時に、その方のモチベーションをどの様に上げようか悩みました。

社員であればその先の目標があったりするので、そこを見つけて助言できるのですが、派遣の方でご結婚されていたり、時短で働かれている方だと、なかなか仕事の中での目標を持ってもらうのは難しい中で、どうやって楽しく働いてもらえるか考えました。

 

ーどのように解決されたのですか?

私の接客に対する価値観をひたすらお話しました。
接客の面白いところは、毎日違うお客様がいらっしゃる中で、いろいろな方とお話しして、自分が買ったことのないお店で買っている方もいて、またその方がどのように生活しているのかなども聞くので、考え方や価値観が広がって、こういう考え方もあるんだな、というように自分の考え方も変わったり増えたりしていくことだと思います。
それを楽しんで、自分のものにしないと、毎日仕事をしているのがもったいないと思うので、そこを楽しんでほしいなという話をします。

 

f:id:fashionkyujin:20180727184750j:plain


3.好きなこと、得意なことに特化した職種に就いた時がキャリアアップ

ースーパーバイザーのお仕事は、管轄する店舗の売り上げ管理がメインになりますか?

そうですね、主に現場とお店のパイプ役なので、売り上げを取るために動くことが一番の目的になります。
マネジメントにすごく長けてらっしゃる店長さんがいる店舗の場合は、百貨店さんとの商談や派遣会社との営業がより必要となってきたり、店舗によってみるところは変わってきます。

ー弊社でも派遣からキャリアを積んでスーパーバイザーになりたいという方が多いのですが、スーパーバイザーになるために必要な資質とはなんですか?

一番は売り上げを取る力があることが大事だと思いますが、どうしたらお店の環境がよくなり、スタッフが気持ちよく働けるのかを考えることができればいいと思います。

 

ー坂田様にとってキャリアアップとはどんなものですか?

外側から見たら、役職やお給料が上がることがキャリアアップかもしれませんが、内側から見たときに、より自分の好きなことや、得意なことに特化した役職になることがキャリアアップではないかと思います。

その点、パルは能力重視で評価してもらえますし、実際に結婚・出産を経て、時短勤務でもスーパーバイザーや店長をされている方がいらっしゃいます。


4.パルは意見が通りやすい会社

ー今後坂田様はスーパーバイザーとしてラシットというブランドをどのようにしていきたいと思っていますか?

 

ラシットはブランド創設18年目になるのですが、ご年配のかたが持っているブランドというイメージがついてしまったので、若い方にも持っていただけるようにしたいブランドとしても目標に掲げています。

 

ー実際に年齢層は広がっていますか?

最初のころに比べれば少しずつ広がっていると思います。
最近は雑誌に掲載させていただいたり、モノグラム以外の展開や、シューズや時計など、新規でお若い方も買いやすい価格帯の商品も増えてきています。

 

ーパルさんは新しいブランドを立ち上げる時に、従業員の方が企画立案をされると聞いたことがあるのですが?

今あるブランド全てがそうだと思います。
半年に一回、どのスタッフもどの役職も、事業部長と人事部の方に意見を書いて提出できる日があります。何を書いても自由なんです。
自分がこうやりたいという意見が通れば、新ブランドを設立できる可能性もあります。
私も毎回出していて、ラシットの中でも男性ものとか、今までと違った方向に広げてもいいんじゃないかという意見を出しました。
最近は男性も持てるシリーズも出てきて、少しずつ広げていく様です。


5.アパレル販売未経験でも直接雇用を経てキャリアアップを目指せます。

ー坂田様が派遣やアルバイトの面接をされていた時に、ここだけは見ていたというポイントはありますか?

その方の第一印象や所作や、その方を前にした時に自分がお客様だったらどう感じるかを見ていました。
職歴というよりも、話を聞く態度や、重要な話の際にメモを取っているか、目線なども気になりました。

未経験でも 前向きに吸収できる方であればどなたでも仲間になっていただけると思っています。

 

ーラシットさんは、アルバイトさんを含めて、長く働く方が多いですか?

長く働きたい方が多いです。
実際に長く働いているスタッフさんに関しては、その分貢献していただいているという意味で、ラシットで働くモチベーションなどお伺いして、そのままパル雇用になってスキルアップしませんか?という話になります。そこで直接雇用に切り替える方が多いです。

 

ーズバリ、ラシットで働いたらこんなことが学べます!ということは何かありますか?

コミュニケーション能力がつきますし、学べるというのとは少し違いますが、先述のとおり、他の会社と比較すると自分の意見が通りやすいとは思いますね。売り上げに関しての意見は社員派遣問わず上げていただいているので、その案がすごく良ければお店で採用したり、ブランド全体で取り組んでもいけると思います。

 

ー今後パルさんで働いてみたい、チャレンジしたいと思っている方たちにメッセージをお願いします。

人と関わることが好きな方であれば、ラシットとしてはどんな方でも認めて育てていくという気持ちがあるので、一緒に楽しみながら仕事をしたいなと思います!

f:id:fashionkyujin:20180727184806j:plain